ネットカジノ開設.com入出金口座 < ネットカジノ違法性

ネットカジノの違法性(刑法185条)

 ネットカジノをはじめようと思ってる方の誰もが気になるところはネットカジノは違法ではないのか?との疑問だとも思います。

 日本の法律ではゲーム賭博やスポーツ賭博などを行うと50万円以下の罰金で2日ほど拘束されて取り調べを受けます。また、開帳したり常習性のある者は三ヶ月以上五年以下の懲役に処せられることもあります。

 そのリスクを犯してまであなたは、ネットカジノで遊びたいですか?

 こんなリスクを犯してまでネットカジのでは遊びたくないよって方が大半だと思います。しかし、世の中にはこんなリスクを犯してまでもワザワザ危険なギャンブルをする人が盛りだくさんいるのです。

 ネットカジノ摘発などのニュースをご覧になった方も多いでしょうが、日本で賭場を開帳するのは違法です。また、日本で賭博をするのも違法ですが、しかし、海外であれば日本の法律は関係が無くなるので合法となるのです。

 海外のネットカジノに関しては、日本人が日本に居ながら遊んでも違法とはならずに捕まることはないのです。

 しかし、世の中には不思議な人が多く、海外のネットカジノを利用すれば捕まらないのに、ワザワザ、海外のネットカジノを使って日本で開帳して日本人が日本国内で胴元になり遊びに来た人にも犯罪行為になる賭博をして捕まるのです。

 日本で運営されてるネットカジノは違法です。遊ばれれば捕まります。しかし、海外で運営されてるネットカジノは合法です。国際法により各国の政府が公認しているものなので日本の法律は適用外となります。

 ネットカジノで遊ばれる方は必ず、海外で運営され、海外にサーバーが設置され、海外で決算されるネットカジノで遊ぶようにしましょう。

ネットカジノの違法性(刑法第2条、刑法第3条)

 日本で運営されてるネットカジノと海外で運営されてるネットカジノは遊んでいる人は全く同じことをしているのに、一方は捕まり、一方は捕まらないということがなぜ起こるのかと言うと

 日本の刑法第2条と3条で国外法と言うものがあります。基本的には日本人が海外に行けば、その国の法律を守るだけでよく、日本の法律は守る必要はないのです。例えば、日本でお酒は20歳からですが、外国に行った際にその国の法律でお酒は23歳からだとします。

 海外でも日本人は日本の法律を守るものだとすれば、21歳でもその国で飲酒をしてもいいだろうとと言うことになり、矛盾が生じます。そうならない為にも海外に行った日本人はその国も法律を守り、日本の法律はその国では守らなくても良いことになるのです。

 但し、重犯罪に関しては、海外に行ってその国で合法であっても、日本人であれば守らなければならない法律が刑法第2条と3条で別に設けられているのです。例えば、海外に行った際にその国の紙幣の印刷をすれば違法だけど、その国以外の紙幣の印刷に関しては違法では無いと言う国があった場合、そこの国に行き日本円を印刷しても違法になら無いので偽札を作りに行こうってことになります。

 その様なことを防ぐために刑法第2条と3条で日本人に対して、日本国外であっても日本人が守らなければなら無い法律が定められているのです。その刑法第2条と3条には賭博やギャンブルなどの記述が一切無いので、海外旅行でラスベガスに行ってカジノで遊んでも違法にならないのです。

 ネットカジノも同様で、日本に居ながらでも、運営先が海外で、サーバーも海外、決算も海外であれば、旅行でその国に行ってカジノで遊んでるのと同じ状態になるので日本の法律は関係なくなるのです。

ネットカジノの違法性についての注意点

 ネットカジノが違法で、日本で運営した場合は捕まり、海外のネットカジノを利用した場合は捕まらないカラクリはこんな感じなので海外のネットカジノで遊ぶのは安全なのです。

 しかし、注意しなければならないこともいくつかあります。ネットカジノ摘発などのニュースを読まれた方もおられるでしょうが、その際にネットカジノ摘発と言う現象がおこるのは、海外のネットカジノを利用して、客を集めて、日本国内でそこで使うお金を第三者が決算した場合です。

 簡単にいうと、JRAの競馬を使って、お金を集めて客が勝てば配当をその場で渡す、ノミ屋と言う賭博とまったく同じことをネットカジノでされた場合は、海外のネットカジノを利用して日本国内で開帳することになるので、完全な違法行為になり捕まります。

 過去にあったネットカジノ摘発の記事はこのノミ行為に該当するので捕まったのです。

 そんなノミ屋みたいなことはしないから大丈夫って思ってる方も十分注意して下さい。意図せずにノミ行為をしてしまうことがあるのです。

 例えば、ブックメーカーを利用した際に、海外競馬の凱旋門賞を買いたいけども、その為だけにウィリアムヒルスポーツに登録して入金してってのは面倒だし、友達がウィリアムヒルスポーツで野球やサッカーを賭けてるみたいだし、凱旋門賞の時だけ代りに買っといてもらうか

 これがアウトです。他人の賭けを代りに買うことは、代りに買った人が胴元(ノミ屋)でお願いした人が賭けた人となり、日本国内だけでの賭博が成立して完全な違法行為で捕まります。

 他にも、スマホでネットカジノをプレーしていて、横で見てた友達が、次のルーレット赤に1万賭けてってお願いされて1万円渡されたら、そこでアウトです。

 日常の何気ないことでもネットカジノでは違法になることがあるので、友達との貸し借りや代打ちなどは絶対にやらないようにしましょう。

 

 

 次のページへ